親が熟年離婚をしました

親は60代になってから離婚したいと母から申し出があり、かなり父は拒否しましたが、母は離婚を希望していたので、慰謝料をもらって離婚が成立しました。私が子供の頃から夫婦仲はもうすでに冷え切っていたので、あまり父も家には帰宅しませんでしたし、けっこう出張が多い仕事なので帰宅することもなく、ほとんど外泊が多い日常生活でした。そして親も60歳になった頃、母は離婚して自由になりたいと言い出し、最初は信じられず困りましたが、コツコツと自分で貯金しながら離婚を考えていたようでした。父がけっこう身勝手な行動をとるタイプなので、母もかなり苦労してきた部分があり、そういうのも考慮して離婚した方が良いと思ったらしく、60代になってから離婚することになりました。父は退職してから自宅にいることが多くなり、かなりストレスを母も感じるようになったことが理解できます。父は小言も多いですし、母もストレスになっていたのが理解できます。