「弁護士」カテゴリーアーカイブ

相手が出てこない

離婚をしてみてここまで離婚が大変だとは思いませんでした。

よく結婚の何倍もエネルギーがいると言われていますが本当だなと思います。

お金がなかったのですが、法テラスというものを利用して格安で弁護士をつける事が出来ました。

なので離婚を進めていくことに不安はありませんでした。

私が離婚で大変だったのは相手が調停に全く出廷してくれなかった事でした。

調停は前もって日にちが分かります。

なので休みも取れるんです。

それにも関わらず当日は必ずドタキャン。

全ての調停をドタキャンされたため話にならないと裁判に移行して行きました。

裁判になっても来るのは調停の終盤でつけた弁護士だけ。

本人は全く来ず。

さらに証拠まで全て間違っていると否定。

一体何年かかるんだ?と思ったほどでした。

離婚が決まるまでは本当に大変でしたが親権、養育費、慰謝料はあっさり決まりました。

前の主人の給料が安すぎたため慰謝料なしの養育費のみと。

私も慰謝料は無理だと思っていたので、ただただあっさり決まったことに安堵しました。

離婚は凄く大変でしたが、この大変さをもう少し頑張って浮気相手にも慰謝料請求すれば良かったかなと思いました。

そこまでの気力はなく早く別れたいと思っての離婚だったため相手の情報まで集めませんでしたが集めれば良かったかなと少し後悔しています。

迷わず離婚弁護士に頼りましょう

荒れに荒れての離婚ですと、トラウマになりかねません。だからこそ、私は「離婚をするなら絶対に弁護士を入れるべき!」と、思ってしまいます。なんだったら、弁護士ではなくて代理人でもいいでしょう。

 

などと言いましても、弁護士という職業でない限り、離婚に際しての代理人を引き受けてくれる人なんて、まあ滅多にいないことでしょうね。だって、弁護士さんでも離婚案件はできれば引き受けたくはないと聞きますから。

 

まあそのような「離婚」という一大事ですからこそ、できることならば弁護士を入れるのがいいでしょう。自分が直接矢面に立たないことによって、第三者に離婚に関する一切をお願いすることによって、「離婚後の立ち直りにかかる時間」が違ってくると思いますから。ここがとても大事なんです。

 

荒れに荒れてしまう離婚の場合は、離婚に至るまでの出来事が死ぬまで尾をひく可能性だってありますからね。ですからこその離婚弁護士に頼りましょうというものなんです。